18歳以上の学生ができる在宅ワーク「クラウドソーシング」とは?

在宅ワークとは、家で仕事をすることです。まだパソコンが普及していない時代では「内職」という様々なモノの部品を作ってお金を稼いでいました。それがパソコンでもできるようになったのです。

ネットでできる在宅ワークの代表格として、クラウドソーシングがあります。簡単に言えばパソコンでできる仕事を選んでやるサービスです。クラウドソーシングでは仕事の種類がたくさんあるので、大きく稼げるものから安い仕事まで様々です。
一般的な学生なら、文章作成やアンケートなど、誰にでもできる仕事からやってみましょう。

クラウドソーシングの仕事例
・文章作成(100円~)
・アンケートや口コミ(10円~)
・プログラミング・翻訳(数千円~数万円)

有名なクラウドソーシングには「ランサーズ」「クラウドワークス」「ビズシーク」などがあります。気になる人は公式サイトを調べてみてください。

クラウドソーシングの利用年齢

ちなみに、クラウドソーシングは18歳以上で利用することができます。
つまり、高校生でも18歳になれば、利用することは可能ってことです。
ただし、18歳になるのは高校3年生なので、受験を控えている人は勉学に集中することをおすすめします。

大学生なら在宅ワークでお金を稼ぐことは可能です。進学先にもよりますが、大学生になったら高校よりも時間に余裕もできますので、やりたい仕事があったらチャレンジすることをおすすめします。

ゼニ子
高校生3年生は進路を決める大事な時期。
在宅ワークはいつでもできるから、焦らないでね。

正直学生にクラウドソーシングは難しい?

クラウドソーシングについて紹介しておいてなんですが、正直クラウドソーシングは使い方が難しいのが難点です。それに数千件の仕事があるので、できる仕事を選ぶのが大変です。ややこしいことが苦手なら、ポイントサイトのアンケートを利用した方がいいでしょう。